実印を紛失したときの危険性と対処法を元担当者が解説

あなたは実印を紛失してしまい、とても慌てているかもしれません。

でも、まずは慌てず、落ち着いてください。

正しく手続きをすれば危険は最小限に抑えられます。

ここでは、実印を紛失したときに考えられる危険性と、しておくべき手続きを順に追って説明します。

実印を紛失した考えられる危険性

本来、実印は免許証などの身分証明書の提示や印鑑証明書の添付が必要です。

ですから、実印を紛失したことで、何にでも悪用されてしまうということではありません。

しかし、実印だけで大きな契約をされてしまうこともあり得ます。

考えられる悪用例

  • ローンなど金銭消費貸借契約
  • 借金の連帯保証人になられる
  • 高額商品の購入

上記の例では実印の押印を求められることが多いですが、印鑑証明書までは求められません。

これは、契約は実印でなくても成立しますが、お互いに契約内容の信用性を高めるために実印を求められることがあります。

つまり、実印を紛失したことであなたの知らない間に上記のような契約をされてしまう危険性があります。

管理人吹き出し画像
ただ、運転免許証や健康保険証などの身分証明書の提示を求められるので、相手方が銀行などであれば直ちに危険とまでは言えません。

実印と銀行印を併用している場合は別の危険も

もし、あなたが実印と銀行印を兼ねているとしたら、すぐに預金通帳を探してください。

通帳と実印を合わせて紛失している場合、銀行窓口で預金を引き出されてしまう可能性があります。

ただ、現在では多額の預金の引き出しには、銀行印と通帳のほか、身分証明書の提示を求められるなど、銀行によっては悪用の可能性のある取引では慎重に審査されることもあります。

不動産登記の場合は印鑑証明書も必要

不動産の売買の場合、実印だけでも契約されてしまうことがあります。

もちろん、身分証明書の提示を求められることも多いですが、不動産の購入には契約までに何度も相手方と会っているため、契約時に身分証を確認しないというケースもあります。

ただ、不動産の場合は契約の後には不動産登記申請をしなければなりません。

不動産登記申請では、必ず印鑑証明書が必須になります。

実印を紛失した場合、すぐに印鑑登録証やマイナンバーカードを探してください。

それ以外にも、3ヶ月以内に印鑑証明書を取得していたなら、合わせてそちらも探してみてください。

実印を紛失したときにすべき手続き

実印を紛失がわかったら、悪用される可能性が少しでも低くなるよう、手順に沿って対処していきましょう。

役所へ電話で一時停止を依頼する

先ほどもお伝えしましたが、実印には原則として印鑑証明書が必要です。

いち早く印鑑証明書を取得できないようにするのが先決です。

役所の担当部署(市民課や住民課など)へ電話し、あなたの情報(氏名、住所など)を伝えて、印鑑登録を一時停止してくれるよう伝えましょう。

これによって、窓口以外の自動交付機やコンビニなどからの証明書の取得もストップすることができます。

すべての自治体で電話による一時停止を受け付けているとは限りませんが、一度電話してみてください。
管理人吹き出し画像
私が勤務していた市役所では電話での一時停止を受け付けていました。
実印を廃止するわけではなく、一時停止は市民を危険から守るためですから、本人確認ができない電話でも可能にしているわけです。
実印を発見することができたら、一時停止を解除するために役所へ来庁して窓口で手続きしましょう。

警察へ遺失届を提出する

まずは誰かが落とし物として警察に届けてくれていないか確認しましょう。

確認方法は警察署で確認するか、インターネット(都道府県警察における遺失物の公表ページ)から調べてみましょう。

もし、拾い主がいなかった場合は、あなた自らが遺失届を提出してください。

提出すると受付証明書が発行されますから、保管しておいてください。

役所へ紛失届または廃止届を提出する

役所の担当窓口で実印を紛失したことを伝え、紛失届まはた廃止届を提出します。(どちらの届出になるかは役所によります。)

一時停止は違い、本人確認する必要がありますから、来庁して手続きする必要があります。

必ず運転免許証やマイナンバーカードなど、顔写真付きの身分証明書と、印鑑登録証が手元にある場合は一緒に持っていってください。

これにより、登録した印鑑は抹消されます。

後日、実印が発見されたときには、改めて印鑑登録する必要があります。

実印と関連するものを探す

実印を紛失したときの危険性でもお伝えしましたが、通常、実印だけでは効力を発揮しません。

実印と合わせて使うもの

  • 印鑑登録証
  • マイナンバーカード
  • 近日中に取得した印鑑証明書

上記のものを紛失していないなら、被害にあう可能性が低くなります。

さらに、実印と銀行印を兼用している場合は、上記のものと合わせて預金通帳も探しておきましょう。

合わせて実印を変更しておくべき

実印を紛失したときはもちろん、仮に後日実印を発見した場合でも、同じ印鑑を使い続けるのは少し不安になってしまいますよね。

実印を変更することを改印と言います。

基本的には新たに実印として登録する手続きをすることと同じです。

通常、改印届には新旧の印鑑を持参しますが、実印を紛失している場合なので、一旦廃止してから新規で登録することになります。

本人が役所へ来庁する場合、手続きは15分程度ですからスッキリするためにも改印しておくことをおすすめします。

印鑑登録の手続き方法については「実印登録を即日完了させる方法」「実印の代理人申請手順

早く高品質な実印を購入するならネット通販店がベスト

ただでさえ、実印を紛失して時間を浪費してしまったわけですから、新たな実印作成に時間をかけるのは嫌ですよね。

ネット通販店なら手仕上げの実印でも翌日出荷に対応しているところも多く、印影デザインの提案・修正依頼にも対応しているところもあります。

また、全国を商圏としていることから、大量仕入れして安く提供してくれます。

特に次の2店をおすすめしておきます。

-はんこプレミアム-

はんこプレミアムショップ画像
サイトURLhttps://www.inkans.com/
電話番号047-489-5595
平日10:00~13:00 14:30~18:00
支払方法クレジットカード/代金引換/銀行振込/Amazon Pay/コンビニ払い
即日出荷一部可(+300円)
送料全国一律料金540円 (5,400円以上無料)
彫刻方法手仕上げ/手彫り
印影プレビュー注文後
ブラウザ回答方式
旧字対応旧字表からコード入力
保証
(対応商品のみ)
10年保証
印鑑の卸売問屋出身の大手ネット通販店です。

多くの種類の高品質な印材を使って手仕上げに対応しています。

出荷スピードも速いことでも知られていて、コスパの高いショップです。

/いつでも問屋価格\

-天章堂-

天章堂
サイトURLhttps://www.tenshoudo.jp/
電話番号042-324-0563
平日 10:00~19:00、土曜 10:00~13:00
支払方法代金引換/クレジットカード決済
即日出荷不可(特急仕上げ要相談)
送料送料660円~ (5,500円以上無料)
彫刻方法手彫り
印影プレビュー注文後 メール回答方式
旧字対応旧字表からコード入力
保証
(対応商品のみ)
なし
街の印鑑専門店のネット通販店です。

手書き文字で書体デザインしてくれ、もちろん手彫りで作成してくれます。

通販店の中では安いとは言えませんが、手頃な値段なのに仕上がりの良さは断トツのショップです。

/お手頃価格で高品質な印鑑\

~安心の印鑑ネット通販リスト~

印鑑ネット通販ランキング
実際に購入してわかった「安心・安全で高品質な通販サイト」を厳選してみました。
(実印/銀行印/認印/会社印)

/実店舗より効率的\