結婚したら新しい印鑑は必要?いつ買うのが正解? | 実印・銀行印・認印

結婚したらいろんなものの名義を変更したりと何かと出番の多い印鑑。

当然、新しい生活が始まってからは新しい名前の印鑑を使うことになります。

慌てて印鑑を作ったり、既成の印鑑を買ったために、後から後悔してしまうことも多くあります。

ここでは結婚して、新しい名前の印鑑をいつまでに買っておく必要があるのか、実印・銀行印・認印など必要な種類についてお伝えしていきます。

また、最後には結婚したときにおすすめの印鑑についても紹介しています。

新しい印鑑は婚姻(入籍)届提出前に買うのが効率的

婚姻届提出前に、新しい印鑑は買っておきましょう。
もし、住民票のある市役所に婚姻届を提出した場合、住民票はすぐに新姓に書き換えられるからです。(戸籍に記載されるまでには1,2週間程度かかります)

住民票の名前が変わったということは、新姓が正式な名前ということになりますよね。

新姓の印鑑を用意しておけば、すぐに各種名義変更などの手続きに入ることが可能ですよ。

婚姻届の提出される際、職場で有休を取得して役所へ来庁される方が多いです。

できる手続きを少しずつこなしていかないと、何度も有休を取ったり無駄な時間を過ごしてしまうことになりかねません。

できるだけ効率的に済ませるためにも、入籍届の提出と同日に済ませられる手続きをすぐに処理できるよう、新しい名前の印鑑は入籍届を提出する前に作成しておきましょう。

管理人吹き出し画像
結婚には、役所手続きの他にも引っ越しや買い物などバタバタしちゃいますからね。届出前がベストタイミングなんです。

結婚後に印鑑が必要になる手続き

先ほどもお伝えしたおり、婚姻届を提出すると、提出した場所にもよりますが、住民票や婚姻受理証明書などあなたのお名前が変更されたことを証明する書類を同日に入手することができる場合があります。

入手した書類と新姓の印鑑を持って変更手続きなどをしておきましょう。

一般的には次のような手続きが多いです。
ただし、手続きによって必要になる印鑑の種類が違うので注意してください。

必要な手続きの例 必要な印鑑の種類
転出・転居・転入届 認印
運転免許証・パスポートの変更
金融機関の通帳の名義変更 銀行印
キャッシュカードの名義変更
携帯電話の引き落とし変更
新規の印鑑登録 実印
印鑑登録の変更
婚姻届の提出先によって、取得できる名前が変更されたことを証明する書類の種類が変わったり、取得できる時期が異なることがあります。
管理人吹き出し画像
婚姻届の提出場所については「婚姻届出す場所はどこがいい?メリット・デメリットを解説」を参考にしてみてください。

旧姓の印鑑も持っておくこと

旧姓の印鑑もすぐには捨てないこと
手続きによっては、旧姓の印鑑が必要になることがあるからです。

例えば、銀行口座の通帳の変更手続きであれば、名義の変更以外にも銀行印の変更もされると思います。

銀行口座の通帳届出印の変更をするためには、旧の登録印と新しく登録したい印鑑のふたつが必要になります。

他にも、婚姻届と同日に転出や転居などの住所変更を行う場合には、入籍と住所の変更どちらを先に処理するかによって、書類に記入するお名前が違ってきますから押印する印鑑もそれにあわせたものが必要になります。

管理人吹き出し画像
入籍と住所変更を同時にするときは婚姻届と転入届同時に提出する方法を参考にしてみてください。
対して、実印の場合はというと、旧姓の実印を用意しておく必要はありません。

旧姓で登録している場合は、婚姻届と同日もしくは数日内に印鑑登録は抹消されるからです。

ただし、下の名前で印鑑登録していて、かつ住所を管轄する市町村に変更がない場合には、婚姻前の実印は有効なものとして残ります。
管理人吹き出し画像
住所を変更したときの実印の取り扱いは「引っ越し時の印鑑登録手続きは?転居・転出・転入の違いを解説」を参考にしてみてください。

百均などの印鑑では後悔することも

「年相応ではない」「学生じゃないんだから」「窓口で出すのが恥ずかしい」などと思うことがあるからです。

結婚して、所帯を持つようになったのに、百均などあまりにも安っぽい印鑑を実印や銀行印に使っていることを後から後悔される方も多いです。

例えば、銀行の口座引き落としや自動車の購入時など、相手の見ている前で百均の印鑑を取り出したとき、相手がどんな印象を持つか考えてみるとわかりますよね。

男性でも女性でも同じです。

特別高い印鑑を持つ必要はありませんが、実印・銀行印・認印それぞれの利用シーンから考えて、恥ずかしくないと思う程度のものを購入しておくと良いでしょう。

結婚したら必要になる印鑑の種類

  • 実印
  • 銀行印
  • 認印
  • シャチハタ

結婚したからといって特別に必要な印鑑というものはありません。

通常、生活シーンで見かけるのは上の4つですね。

男性がもつべきなのか、女性がもつべきなのか、夫婦で共有でも良いのかなど、種類ごとに説明していきます。

管理人吹き出し画像
いくつ買えば良いの?という人は利用用途をそれぞれ考えてみてくださいね。

実印

不動産を共有名義で購入したり、自動車を夫婦それぞれの名義で購入する予定があれば、夫婦それぞれが持っておきましょう。

実印が必要とされる例

  1. 自動車の購入(軽自動車を除く)
  2. 住宅ローン契約
  3. 不動産売買
  4. 不動産登記申請
  5. 相続時の遺産分割協議書

市区町村により異なりますが、実印として登録できる印鑑は、一般的には印影の大きさが「8mm~25mm」で、欠けにくい素材を使ったものになっています。

印鑑登録について詳しくは「印鑑登録とは?登録できる印鑑を解説」を参照してください。

実印の夫婦おそろいや共有はできません

世帯内の人が同じ印鑑を実印として登録することはできません。

実印は、印鑑証明書とセットでもっとも重要な意思表示をするためのものです。

例えば、不動産を夫婦共同名義で購入する場合、夫婦が同じ印鑑を使用して契約をしたとしたら、契約相手方はどう思うでしょうか。
信用して大丈夫なのか不安に思うはずです。

また、印鑑登録を管轄している市区町村役場でも、実印の登録時には世帯内に同じ印影を登録している人がいないかはチェックしています。
(詳しくは「印鑑登録を夫婦や家族で同じ印鑑で実印登録できるか解説」を参照してください。)

大切なパートナーとおそろいの印鑑にしたり、同じ印鑑を共有したい気持ちもあるかもしれませんが、あなたを守るためにも夫婦別の印鑑を作成するようにしてください。

管理人吹き出し画像
おそろいのケースやサイズ違いなら良いかもしれませんね

下の名前のみで作る必要はない

印鑑登録の変更手続きは、市区町村単位で行われ、処理時間も15分程度で終わるため、姓が変わっても印鑑登録手続きはそれほど負担にならないからです。

昔から、「女性は下の名前で実印を作っておくと、結婚して姓が変わっても大丈夫」などと言われたり、印鑑店でもそのように言う人もいます。

管理人吹き出し画像
実際に印鑑登録事務を行っていた私からすると、メリットはほとんどないと言えます。
なぜなら、印鑑登録は市区町村単位で行うもので、婚姻などと同時に転出・転入すれば、下の名前で実印を登録していても再度登録申請する必要があるからです。

婚姻により姓が変わる方、特に女性の方の実印はフルネームにすべきか下の名前のみで作成すべきか悩む方がいらっしゃいますが、深く考える必要はありませんよ。

新しい姓を大切にしたいと考える人もいますから、あなたの好きなようにすれば良いのです。

それよりも、書体や大きさ、素材などを気に入ったもので作成するほうが大切にできるはずです。

銀行印

銀行の預金口座を管理するための印鑑ですよね。

最近では口座開設に印鑑が不要という銀行もありますが、結婚前にお持ちの口座については旧姓から新姓への変更と、登録印(銀行印)を変更する必要があります。

銀行印を夫婦で共有したり、おそろいにすることも可能ですが、セキュリティの面からおすすめしません。

印鑑をひとつにまとめることで、盗難にあった際の被害が大きくなる可能性があるからです。

リスクを考えると、夫婦で銀行印を共有せず、それぞれで持つのが良いでしょう。

下の名前だけの印鑑を登録している場合は、通帳の名義変更だけ行い、以前からの印鑑をそのまま使うこともできますね。

管理人吹き出し画像
当サイトの調査では、100人中60人が複数の銀行印を持っているという結果が出ています。

認印

役所での手続きや宅配便の受け取り、簡単な書類作成などに使用します。

お仕事によっては、会社内の決裁などにも使用することがあるでしょう。

複数本用意しておきたい印鑑になります。

家庭内で簡単なことに使うだけなら百均のものでも良いでしょうし、外に持ち出す用に少しマシなものを購入しておくのも良いと思います。

職場で新姓を名乗られるのなら、愛着のある素材などのものを購入するのも良いですね。

管理人吹き出し画像
結婚してどちらかの姓を名乗るわけですから、もともと持っていたものも使うと省エネですよね

シャチハタ

認印よりもさらに簡易的なもので、正確には印鑑ではなくスタンプです。

役所などへの正式な書類には使用することはできませんが、宅配便の受け取りや確認印として使用されることが多いです。

また、看護師の方など職業柄スタンプ印を押すことが多い方などは早めに新姓のシャチハタを用意しておく方がよいでしょう。

管理人吹き出し画像
ネット通販ならいろんな素材やキャラクターのものがありますよ。
女性の方にはディズニーの印鑑が人気です。

セットで作成すれば安くてお得

結婚の印鑑はセット購入がお得
婚姻に限らず、印鑑店では印鑑をセットで販売されていることが多くあります。

結婚用ではなく、印鑑の種類によってセットしたり、太さ違いのセットなど様々ですが、セット販売は単品購入よりも安いことが多いですので上手く活用することで良いものを安く買うことができます。

実印・銀行印・認印の3本セットなら約16%程度安く買える

結婚の場合、姓が変わる人はもちろん、同じ姓を使い続ける人でも、「結婚を機に実印を作る人」は結構います。

お互いが心機一転、新しい生活をスタートさせるために、実印・銀行印・認印をセットで購入するという人も多いです。

実際、私自身が結婚を機に3本の印鑑を購入し、結婚10数年経過していますがどの印鑑も愛用しています。

もちろん、セットで3本も購入するわけですから、安くなっているとはず!

ということで、人気印鑑通販店3店で同じ素材・同じサイズの3本セットの価格をまとめてみました。

ショップ名 単品価格 セット価格 割引率
ハンコヤドットコム 13760円 11600円 15.70%
はんこプレミアム 11140円 10480円 5.92%
印鑑の匠ドットコム 11300円 9480円 16.11%

今回、男性でも女性でも使われる黒水牛(芯持)を使った実印(15mm)・銀行印(13.5mm)・認印(12mm)のケース付きでまとめています。

はんこプレミアムだけが割引率が低いように感じますが、チタンなど他の素材で計算すると約16%の割引がありました。

割引率は素材によっても変化するようですね。

管理人吹き出し画像
当サイトが独自にアンケートを実施したところ、100人中18人が婚姻を機に実印を作成したという結果が出ています。

2本セットでペアの印鑑を安く作る

同じ印影を持つ印鑑を実印登録することはできませんが、サイズ違いであれば問題ありません。

そこで、同じ素材のサイズ違いならおそろいにすることもできますよね。

ハンコマン」のように、サイズ違いの2本ペアをセットで用意しているところや、「sinju」のように、新生活を記念したペア印鑑なども用意されています。

夫婦のどちらかが3本セットを購入される場合などは、別に必要な印鑑のサイズ違いを1本追加するなどうまく組み合わせることもできそうですね。

女性には可愛い認印もおすすめ

職場で使う認印やシャチハタなどは、新しくかわいいものが欲しいということもありますよね。

旦那さまから、お名前が変わられた奥さまにプレゼントされるのもよいでしょう。

ネット通販店なら和柄やディズニー、サンリオなどのキャラクター印も販売されていたりしますよ。

かわいい印鑑が売っているショップの例

なかでも、印鑑ネット通販最大手のハンコヤドットコムなら、認印やシャチハタだけでなく、実印や銀行印についても女性らしい素材の商品がラインナップされています。

他にも、チタン専門のページや印鑑ケースのみを集めたページもあるなど、印鑑やスタンプはなんでも揃う品揃えになっています。

婚姻届を提出する前に、夫婦で印鑑選びというのもよいのではないでしょうか。



/業界最大手の品揃えと品質です\

まとめ

新しい名前の印鑑はいつまでに必要?
婚姻届を提出するタイミングまで用意すると良いでしょう。
婚姻届を提出した同日中にいろんなものの変更手続きができるので効率的です。
旧姓の印鑑は必要?
婚姻後しばらくはおいておきましょう。
婚姻前のものを整理するときに旧姓の印鑑が必要になるケースがあるためです。
結婚したらどの種類の印鑑が必要?
実印・銀行印・認印・シャチハタなどが考えられますが、婚姻後の利用状況を考えてそれぞれ用意しましょう。
不動産を共有所有したり、自動車を購入することがあるならば実印も作っておくとよいでしょう。
認印はいくつ必要?
家庭と職場など最低でも拠点の数は必要です。
すべて新たに購入しなくても、以前からお使いのものでもかまいません
実印や銀行印は百均でもよい?
百均のものでも登録することはできますが、契約時などに恥ずかしい思いをしたという人もいらっしゃいます。

~安心の印鑑ネット通販リスト~

印鑑ネット通販ランキング
実際に購入してわかった「安心・安全で高品質な通販サイト」を5店に厳選してみました。
(実印/銀行印/認印/会社印)

/実店舗より効率的\