女性の実印は下の名前のみ?フルネーム?ひらがなで作成してもよい?元担当者が解説

女性が実印を作るとき、「下の名前のみで作ると良い」なんて聞いたことはありませんか?

なぜ女性だけが言われるのか、メリットは何なのかご存じでしょうか。

市役所で印鑑登録の実務をしていた立場から言うと、下の名前のみの実印を作成するメリットはほどんどないと言えます。

そして、それは未婚・既婚に関係なく、女性も男性も違いはないことです。

男性女性にとらわれず、一般的な実印の選び方をすればよいのです。

ここでは、フルネームで作成するのと下の名前で作る違いや、他の女性はどうしているのか、女性の印鑑選びに必要なことをお伝えしていきます。

管理人吹き出し画像
私の実務経験では、下の名前のみの実印が多かったという印象はありませんでしたよ。
逆に、男性でも下の名前のみの方もいらっしゃいました。

そもそも下の名前で印鑑登録できる?

印鑑登録は下の名前のみでもできます。
住民票に記載されている姓だけでも名だけでも、フルネームでも実印として登録することができます。

実印として登録できない印鑑は、市区町村の条例で決められてい多くの自治体では次のように書かれているはずです。

【各自治体の条例の記載例】
住民基本台帳に記録されている氏名、氏、名若しくは通称(住民基本台帳法施行令(昭和42年政令第292号)第30条の26第1項に規定する通称をいう。以下同じ。)又は氏名若しくは通称の一部を組み合わせたもので表していないもの

そして、その条例の基になっているなっているのは「印鑑登録事務処理要領」という国からの古い通知文書なんですね。

ですから基本的にどこの自治体でも下の名前の印鑑を登録することができるはずです。

印鑑登録できる印鑑について詳しくは「印鑑登録できる印鑑を徹底解説!」を参考にしてください。

ひらがなやカタカナだけでも印鑑登録できる

ひらがなやカタカナでも登録できます
先ほどもお伝えしたとおり、住民票に記載されているのであれば、「ひらがな」でも「カタカナ」でも実印として登録することができます。

ひらがなやカタカナは人名に使用できますし、実際にあなたの周りにもひらがなやカタカナのお名前の方もいらっしゃると思います。

戸籍法施行規則第60条
第六十条 戸籍法第五十条第二項の常用平易な文字は、次に掲げるものとする。
一 常用漢字表(平成二十二年内閣告示第二号)に掲げる漢字(括弧書きが添えられているものについては、括弧の外のものに限る。)
二 別表第二に掲げる漢字
三 片仮名又は平仮名(変体仮名を除く。)

注意事項

例えば住民票に「与謝野 晶子」と記載されていた場合、「与謝野」や「晶子」の印鑑は登録できますが、「よさの」や「あきこ」の印鑑は実印として登録できないということです。

管理人吹き出し画像
ふりがなでは印鑑登録することはできません

女性の実印は下の名前のみで作成するのが良いと言われる3つの理由

世間一般に知られているの理由は次の3つほどがありますが、どれもそれほどの説得力はないと思っています。

印鑑店や大手サイトなどでも、下の名前をすすめていることがありますが、とりあえずひとつずつ見ていきましょう。

管理人吹き出し画像
事情を知ったあと、あなたの考えで決めればよいのです。

① 結婚しても使い続けられるから?

確かに、下の名前のみの印鑑であれば、結婚しても離婚しても印鑑自体を作り直す必要がないので手間はかかりません。

他にも、結婚前に実印を登録している方で、結婚後も同じ市町村に住民票がある方なら、印鑑登録の手続きをしなくても良いというメリットはあります。

印鑑登録は市区町村単位で管理されています。

そのため、下の名前のみの実印を持っていても、婚姻を機に別の自治体に引っ越しする場合は改めて印鑑登録する必要があります。

印鑑登録の手続き自体は、窓口の混雑具合にもよりますが約15分程度で完了します。
また、住民登録地に婚姻届を提出したり、転入届を届け出たときには同時に手続きできますから、印鑑登録手続きが面倒ということもありません。

印鑑登録制度の前身となる制度はかなり古く、昔のように同じ市内で結婚するのであれば手続きを減らすことができたかもしれませんが、今はそうとは言えませんよね。

管理人吹き出し画像
結婚したからといって、わざわざお金を使って作り直すのは嫌だという人は、下の名前のみで作成するのがおすすめです。

② フルネームの実印は一家の長の証だから?

私自身はこのようなことを聞いたことはありませんでしたが、印鑑店さんのサイトに次のように書かれていました。

既婚の方も「名前のみ」がおすすめです。フルネームの実印は「一家を背負って立つ」という意味もあり、女性は「名前のみ」で作ることが縁起良く吉、と言われているためです。

(引用元:女性が印鑑を作る時。

女性の方でも、一家の長を担われていたり、起業される方や役職にお就きの方の場合は、社会的立場を考慮してフルネームで作製する方もいらっしゃいます。立場的に名前の実印はちょっと…という方ならフルネームでお作りください。

(引用元:女性が印鑑を作る時。

つまり、下の名前のみの実印は立場的に低く見られるということでしょうか。

しかし、実際に印鑑登録を行ってきた立場からすると、女性の方でもフルネームの実印を登録されることはとても多く、体感的には下の名前よりも多かったように感じています。

さらに、男女平等という現代の中で、立場が低いから名前のみの実印を作成すると考える人は少ないはずです。

③ フルネームの実印は運気が悪い?

開運印鑑や印相という言葉を聞いたことがあると思います。

姓名彫りの女性実印は強くなりすぎる傾向があり、男性との衝突や家庭不和をもたらす、傲慢・後家相運となります。

女性のフルネーム実印は孤独の後家相女性がフルネームの実印を持つと孤独になりがちになり、強くなりすぎて、ご主人の運を吸い取ってしまいます。フルネームの女性用実印は大凶の代表格です。

(引用元:開運印相聖徳印鑑

他にも、風水など印鑑に運勢があると考えていらっしゃる方もありますよね。

もちろん、持っている印鑑の運勢について信じる方は、これらの教えから考えて下の名前のみで作られてはいかがでしょうか。

実は女性の実印は姓のみが多い傾向

女性の実印に彫刻される部分アンケート結果
自分以外の女性が、実印に名前のどの部分を彫刻しているのか気になりませんか?

そこで、当サイトが実印をお持ちの100人の女性に独自アンケートを行った結果が上の画像です。

結果としては、意外にも「姓のみで実印を作成される女性が多い」という結果になりました。

もう少し詳しく集計したものが次の表になります。

フルネーム 姓のみ 下の名前のみ
20代 6 11 5
30代 7 26 5
40代 6 13 11
50代 2 4 3
60代 1 0 0
22 54 24

それぞれ彫刻した部分を選んだ理由に次のようなものがありました。

姓のみ 姓のみで作るものだと思っていたから
結婚後はあまり実印を使うことがないから
銀行印としても兼用しているから
使用頻度が低いので、他の書類にも使えるようにしたかったから
結婚後の姓を大切にしたかったから
下の名前のみ 結婚・離婚して姓が変わっても使えるから
知人やお店から教わったから
両親からもらった印鑑だから
フルネーム フルネームが普通だと思っていたから
ありふれた姓だから
悪用されにくいと思ったから
自分だけの印鑑が欲しかったから

それぞれの思いがあって選ばれているようですが、下の名前のみで作成することにメリットを感じている人はそれほど多くはなさそうです。

また、結婚後は夫が中心となって契約することが多く、妻の実印としての利用はほとんどないからと実印に対する重みを特に感じていない人も多いようですね。

結婚後は女性もフルネームで作成した方が良い?

印鑑のサイズや文字数や画数のバランスで判断します
結婚後に初めて印鑑登録をされる場合、先にお伝えした印鑑登録手続きの手間という点では同じですから、下の名前のみで作るメリットは少ないです。

メリットがあるとすれば離婚しても実印を作り直す必要がないということがありますが、そんなことを考えて結婚する人はいませんよね。

特徴として、フルネームよりも下の名前のみの方が、デザイン的にはやさしい印象の印影になります。
ネット通販店には、印影プレビュー機能が用意されているお店もありますから、購入前に彫刻文字を入力してみてシュミレーションされるとイメージがわきやすいのでおすすめです。

購入前に確認できるネット通販店

また、作成する印鑑のサイズにもよりますが、文字数や画数により考えるのが良いでしょう。

実印の場合、三文字~四文字を彫刻することが想定されていて、文字数や画数が多くなると文字が読みにくかったり、目が詰まってしまうというデメリットがあります。

男性は16.5mm以上を選ばれることが多く、女性はそれよりも小さい15mmや13.5mmがほとんどです。

フルネームで作成されるなら最低でも15mmは必要で、13.5mm以下でお考えの場合は下の名前のみの方が良いと思います。

フルネームの方が文字数や字画が多くセキュリティが高い?

今の時代、文字数や字画が多いからといって、セキュリティが高いとはいえません。

なぜなら、現代の技術なら、印鑑や印鑑証明書をスキャナーでとってしまえば、文字数が多くても少なくても簡単に機械で偽造できてしまうからです。

実印は、印影と印鑑証明書がセットで効力が発生するものです。

セキュリティで大切なことは、実印や登録証を厳重に保管することや、不要な印鑑証明書は処分しておくことです。

多くの印鑑店や大手サイトで、文字数が多いとセキュリティが高いなどと書かれていますが、それなのに女性に下の名前のみの印鑑をおすすめするというのも不思議な話だと思います。

下の名前のみのときは縦書きと横書きどちらが良い?

横書きの場合はどちらから読むのかわからないことがある
実印や銀行印はお好みで、認印なら「縦書き」がおすすめします。
(基本的に認印は、姓のものにしておきましょう)

横書きの場合、左右どちらから読むのかわかりません。

例えば、「美里さん」と「里美さん」どちらのものか他人にはわかりません。
他人から正しく読んでもらう必要があるシーンでは縦書きのものが良いでしょう。

実印や銀行印の場合は横書きにすることで、どちらから読むのかわからないことが逆にセキュリティを高めると考えることもできます。

実印や銀行印の場合は、先ほどもお伝えしたように、事前に印影をプレビューしてシュミレーションしてみて、お好みの彫り方で良いです。

管理人吹き出し画像
通販店を見てみると、銀行印の場合は横書きで用意されているところが多い印象です。

書体や太さでも女性らしさを表現できる

実印の書体や太さ、大きさで印象が違ってきます
印影は、書体によっては堅苦しい印象を与えたり、流れるような印象を与えることができるものです。

例えば、「古印体」や「隷書体」などは美しさややわらかい印象を与えると言われていますから、女性の実印に選ばれる方が多いです。

また、漢字とひらがなでも印象は違ってくるでしょう。

大手ネット通販店では、注文後にデザイナーが印影をひとつずつデザインしてくれます。

作成された印影デザインはWebから確認することができて、さらに太さや位置などの修正もWebに入力して送信するだけで、デザインの修正も行ってくれます。

修正の回数にも制限がないことがほとんどですから、納期に余裕のある場合はご希望とおりの印影を簡単に注文することができます。

Webからデザイン修正できる通販店

管理人吹き出し画像
スマホから確認して回答するだけなので、お店にいかなくても簡単ですよ。

まとめ

女性の実印は、下の名前のみで作成してもそれほどのメリットがないことをお伝えしてきました。

そして、実印に彫刻する名前の選び方として男性と女性で大きくは違わないということです。

印影をデザイン的なものととらえて、実印のサイズや書体から、フルネームか下の名前のみで作成するのか選べば、あなたの満足できる実印ができると考えて良いです。


ここからは、記事の内容を一問一答の形式で簡単にまとめておきます。

下の名前のみでも実印として登録できますか?
住民票に登録されている名前のとおりなら可能です。
ふりがなでは登録することはできません。
ひらがなやカタカナでも登録できますか?
住民票にひらがなやカタカナで記載されているのであれば可能です。
結婚前に作った下の名前のみの実印をそのまま使える?
印鑑自体を使用することはできますが、登録を変更しなければならないこともあります。
下の名前のみなら結婚しても印鑑登録を変更しなくても良い?
住民票のある市町村が変われば改めて印鑑登録手続きが必要です。
実印の変更手続きに時間がかかりますか?
窓口の混雑具合にもよりますが、作業自体は15分程度でしょう。
通常、婚姻届や転入届を提出するときと同日に行うことができますから、それほど手間になることはありません。
下の名前のみの実印はセキュリティが低いのですか?
文字数や画数が多いほど偽造されにくいと言われることがありますが、現在の技術であればスキャナーされてしまえば文字数などに関係なく偽造される可能性はあります。
結婚後に登録するならフルネームが良いですか?
女性の場合、男性よりも小さなサイズを選ばれることが多いです。
彫刻する文字数や画数によっては窮屈な印影になってしまうことがありますから、文字数や画数によって選ばれることをおすすめします。

~安心の印鑑ネット通販リスト~

印鑑ネット通販ランキング
実際に購入してわかった「安心・安全で高品質な通販サイト」を厳選してみました。
(実印/銀行印/認印/会社印)

/実店舗より効率的\