彩樺で作った印鑑の耐久性は?使い心地などを評価してみる

お手頃価格の印材として、柘(つげ)がありますが、それよりもワンランク上の素材に「彩樺」があります。

木の温かみがあることから女性に人気がありますが、実は他にもカラーがあるため、男性も実印に採用される方が増えています。

そんな彩樺ですが、どんな特徴がある素材なのか、木材だから耐久性が低いのではないかと不安に感じている方もいらっしゃるかもしれません。

ここでは、彩樺で作成した印鑑の耐久性や種類、価格などについて評価していきたいと思います。

管理人吹き出し画像
彩樺は、コスパの良い素材で、実印の場合でも男女問わずおすすめできる印材ですよ。

彩樺とは

彩樺印鑑のイメージ
北方寒冷地で産出される真樺に、フェノールレジンと呼ばれる樹脂を加えて高圧加熱処理して作られた新素材です。(国産の北海道の樺の木を使用しているお店もあります)

限りなく天然の素材に近いため、エコな素材と言えます。

木材の温かみを残しながら、耐久性を高めた素材ということで人気があります。

次にお伝えするアグニという素材がドアなどに使われるのに対し、彩樺は印鑑の素材として使われることがほとんどです。

実印の素材としても人気があり、当サイトのアンケートでも、男女ともに彩樺を使いたい方がいらっしゃいました。

彩樺とアグニの違い

彩樺とよく似た素材に「アグニ」があります。

どちらも真樺ではありますが、違いを簡単に説明すると、合板かどうかの違いです。

アグニは真樺を薄く板状にカットして、重ね合わせてフェノールレジンを加えて高圧加熱処理したものになります。

アグニは彩樺と違い、印材以外にもドアノブやお箸、ボタンなどにも使用されることがあるのが特徴です。

管理人吹き出し画像
アグニは合板に樹脂を加えたもので、彩樺よりも色が濃くなっています。

彩樺印鑑のメリット2つ

彩華の法人印のイメージ
彩樺を使った弊社の法人印

木材系の中では耐久性がとても高い

真樺に、フェノールレジンと呼ばれる樹脂を加えて高圧加熱処理をする理由は、「耐久性を上げるため」です。

みなさんも経験があるかと思いますが、木材は反ってしまったり、伸縮によって割れてしまったり、傷がつきやすいという短所がありますよね。

樹脂を加えて圧力を加えることで、収縮に強くなり、表面も樹脂で守られることで傷がつきにくくなります。

通常の木材の状態よりも耐久性が数倍高くなり、黒水牛やオランダ水牛などと同等の強度になると言われています。

安いのに高級感がある

後ほど価格についても比較したいと思いますが、黒水牛やオランダ水牛、チタンなど、実印で人気の素材に比べて彩樺は安いです。

しかも安いからと言って質感が低いわけではなく、木目を残しているため、「木材の温かみ」と樹脂の光沢により「高級感」があるのが彩樺の魅力だと思います。

彩樺印鑑のデメリットは水に弱いこと

耐久性のある彩樺であっても、木材であるため水分や油分を吸収してしまいます。

印鑑を使用した後、ふき取りを怠ると、朱肉に含まれる油分を吸い込んでしまい、印面が歪んでしまう可能性があります。

水分を含んだ布などで拭き取った場合も同様です。

ただ、木材そのものを使用した他の素材よりは、圧縮して樹脂でコーティングされている分、水分を吸収しにくくなっていますから、他の木材系印材と比較すると端緒とは言えないかもしれませんね。

管理人吹き出し画像
むしろ、木材系の短所を改善した素材と考えることもできます。

茶色以外にも黒彩樺や赤彩樺などもある

彩樺のカラーの例
転載元:はんこプレミアム
一般的に彩樺として販売されることが多いのは「茶色」です。

彩樺は木目が残った温かみのある印材で、茶色以外にも色違いで印象が変わってくるのも魅力のひとつです。

上の画像は「はんこプレミアム」で販売されている彩樺のカラーラインナップです。

茶色以外にも、赤や黒のカラーがラインナップがあり、赤彩樺はアグニとして販売されていて、ややマットな赤色でスタイリッシュな印象、黒彩樺はとても高級感があります。

個人的には定番の黒水牛よりもずっと高級感があるように感じます。

管理人吹き出し画像
薩摩本柘よりも若干高いですが、しっかりとしているため実印の素材として人気急上昇中です。
また、黒彩樺のことを「玄武」と呼んでいるお店もあるようですね。
赤彩樺のことをアグニとして販売されているお店もあります。
違いは先ほどお伝えしたように、合板かどうかの違いです。

【注意事項】販売店によって印材の質感が異なる

販売店ごとの彩樺の違い
いくつかのお店で彩樺を購入したことがありますが、お店によって質感に違いがあります。

上の画像は、少し暗いですが上が「天章堂の茶彩樺」で下が「はんこプレミアムの赤彩樺(アグニ)」です。

ふたつの違いとしては、天章堂の方が樹脂が多いのか、ツヤツヤした仕上がりで、はんこプレミアムの方は樹脂が少ないようで、木材としての手触りも残っている印象です。

はんこプレミアムでは、アグニを赤彩樺として販売されているようで、やはり少し暗めの赤となっています。
販売店ごとの彩樺の違い②
上の法人印は、「印鑑の匠ドットコム」で購入した物になりますが、天章堂とはんこプレミアムの中間の樹脂量で、赤みが強い印象でした。

印鑑本舗の彩樺は天章堂と同じく、ツルツルした質感になっていました。

どのお店の印材の品質が高いということではなく、印象が異なるため、あなたの好みによって感じ方も変わってくるという点に注意が必要です。

管理人吹き出し画像
先にもお伝えしましたが、赤彩樺をアグニとして販売されているお店では、暗めの赤になると考えておいてください。

彩樺と他の印材との価格比較

下の表はいくつかの通販店の彩樺を含めた印材の価格を比較しています。

お店によっては多少の違いはあるものの、彩樺は薩摩本柘よりも若干高く、黒水牛よりも若干安いか同等の価格設定が多いようです。

値段の差を考えると、薩摩本柘や黒水牛と比べると高級感もあって、大変コスパが良い素材だと思います。

素材(15mm) はんこプレミアム はんこdeハンコ 印鑑の匠ドットコム
薩摩本柘 3,280円 3,030円 2,480円
彩樺 5,100円 3,950円 2,880円
黒水牛 4,280円 3,450円 3,280円
オランダ水牛 4,280円 4,350円 4,480円
チタン 8,800円 13,800円 8,980円

彩樺印鑑を使用した感想

プレゼントした茶彩樺
プレゼントした天章堂の茶彩樺

値段のわりに質感は高い

彩樺は値段から考えるととても質感が良いです。

最近では薩摩本柘にも樹脂コーディングされているものが多いですが、プラスチック感が出てしまって木材の風合いをあまり感じることはできません。

その点、彩樺は木目が活かされていて、さらに耐久性を上げているという点が評価できます。

管理人吹き出し画像
上の画像は、母へプレゼントしたものになりますが、木目がキレイで愛着がわきます。
黒水牛についても同様で、比較的ランクの低いものの場合、経年劣化すると黒のプラスチックにしか見えないというものもありますよね。

押しやすさは合格点

肝心の印鑑としての押しやすさですが、チタンや象牙には勝てないまでも、朱肉のりも良くて十分押しやすいですね。

プラスチック製や黒水牛、石材系の印鑑は紙の上で滑ってしまうことがありますが、彩樺は滑ってしまうという印象はありませんでした。

重さも軽すぎず、重すぎずといったところで、黒水牛などよりもやや軽い程度で扱いやすいかと思います。

ある程度メンテナス性も高い

メンテナンス性という点では、チタンのように水洗いはできませんが、樹脂と圧縮されていることから、一般的な木材の素材よりも朱肉を染み込みにくくなっていますから、使用後に軽く拭き取るだけで十分かと思います。

ある程度キズにも強いので、使用後すぐにケースに入れなければならないなどデリケートなことはありません。

まとめ

手頃な価格でありながら、安っぽくなく、コスパの良い素材です。

木材系の印鑑をお探しの方は、彩樺はお得な印材ではないでしょうか。

私自身、家族や会社印など複数の彩樺印鑑を持っていますが、不満点は特にありません。

木材そのままのものよりも、耐久性・メンテナンス性に優れていて使いやすいというのが最大のポイント。

管理人吹き出し画像
スワロフスキーのアタリを付けることで、木材と宝石の組み合わせがとてもオシャレということを気づかせてくれた印材です。

彩樺印鑑の購入におすすめの通販店

彩樺の購入におすすめの印鑑店を3店紹介しておきます。

複数のカラーラインナップがあったり、アタリが付けられるお店、品質の高い彫刻をしてくれるなどのお店になっています。

私が実際に購入してみて、品質が高く安心できるお店ばかりを集めています。

管理人吹き出し画像
共通しているのは、対応のしっかりしているお店という点で、粗悪なものが届くことはありません。

はんこプレミアム

はんこプレミアムショップ画像
サイトURL https://www.inkans.com/
電話番号 047-489-5595
平日10:00~13:00 14:30~18:00
支払方法 クレジットカード/代金引換/銀行振込/Amazon Pay/コンビニ払い
即日出荷 一部可(+300円)
送料 全国一律料金540円 (5,400円以上無料)
彫刻方法 手仕上げ/手彫り
印影プレビュー 注文後
ブラウザ回答方式
旧字対応 旧字表からコード入力
保証
(対応商品のみ)
10年保証
印鑑のネット通販大手で、印材の卸売問屋もしていることから、品質の良い印材を安く販売できるのが特徴のお店。

また、広告費や店舗運営費を抑えることで価格をできるだけ下げています。

彩樺については、国産の木材を使用した「茶彩樺」「赤彩樺(アグニ)」「黒彩樺(玄武)」のほか、さらに低価格な海外品種の真樺を使用した「プレミアム茶彩樺」「プレミアム赤彩樺」「プレミアム黒彩樺」があります。

国産のアグニは少し暗いマットな仕上げなので、艶のある赤が欲しい人はプレミアム赤彩樺を選ぶとよいでしょう。

また、注文後に印影デザインの提案を受けて、ブラウザ上から簡単に修正などの指示が出せるのもポイントで、さらに手仕上げで作成してくれます。

管理人吹き出し画像
質が高い・安い・速いが揃ったお店
⇒ はんこプレミアム購入体験レビュー記事

/いつでも問屋価格\

天章堂

天章堂
サイトURL https://www.tenshoudo.jp/
電話番号 042-324-0563
平日 10:00~19:00、土曜 10:00~13:00
支払方法 代金引換/クレジットカード決済
即日出荷 不可(特急仕上げ要相談)
送料 送料660円~ (5,500円以上無料)
彫刻方法 手彫り
印影プレビュー 注文後 メール回答方式
旧字対応 旧字表からコード入力
保証
(対応商品のみ)
なし
街の印鑑専門店の老舗が運営する通販店。

格安店ではありませんが、仕上がりはピカイチ。

手書きデザインの文字を一級技能士の店主が手彫りで作成してくれます。

「サビ」と呼ばれるアレンジを彫刻に加えることでレトロな雰囲気の印影に仕上げてくれます。

残念ながら彩樺については「茶彩樺」のみのラインナップとなっていますが、本格派の印鑑を求める人に最適。

管理人吹き出し画像
丁寧な対応で、店主の人柄を感じる信頼できるお店でした。

⇒ 天章堂購入体験レビュー記事

/味のある手彫りが最高\

Sirusi

Sirusiショップ画像
サイトURL https://www.sirusi.jp/
電話番号 06-4400-5418
平日10:00~11:30、13:00~17:00
支払方法 Amazon pay/クレジットカード/銀行振込/GMO後払い/キャリア決済/代金引換
即日出荷 なし
送料 全国一律 648円 (5,400円以上無料) ※送料無料印鑑あり
彫刻方法 手仕上げ
印影プレビュー 注文後 メール回答方式
旧字対応 旧字表からコード入力
保証
(対応商品のみ)
10年保証、実印登録保証
おしゃれなデザインの印鑑を作成していることで知られるお店。

オリジナルフォントがとてもカッコよく、銀行印の作成におすすめです。

もちろん、一般的な書体にも対応していますので、実印や法人印もOK。

彩樺については、赤いものは「くれない樺」、黒いものは「くろがね樺」という名称で販売されていて、スワロフスキーのアタリを付けるととてもシックで高級感があります。

めずらしい木材系印材が豊富で、「楓」「ひのき」「すぐき」「さくら」「屋久杉」などエコな素材もありますから、木の温かみを感じたい方にも最適なお店。

管理人吹き出し画像
私も息子に「さくら」の印鑑をプレゼントしましたが、木の香りがする素敵な印鑑で大満足です。
⇒ Sirusi購入体験レビュー記事

/デザイナーズ印鑑\

~安心の印鑑ネット通販リスト~

印鑑ネット通販ランキング
実際に購入してわかった「安心・安全で高品質な通販サイト」を厳選してみました。
(実印/銀行印/認印/会社印)

/実店舗より効率的\