黒水牛印鑑の値段相場は?芯持や塗りによって違いはある?

古くから印鑑の素材として人気がある「黒水牛」ですが、いくらくらいで購入できるのかよくわからないことありませんか?

街の印鑑店のショーケースを見てみると、結構お高い印象がありますよよね。

それに対して、楽天やAmazonで検索してみると、とてつもなく安くて驚くと同時に、「一体いくらが相場なの?」と感じる方も多いでしょう。

粗悪な素材のものを購入して後悔しないために、ここでは信頼できるお店の価格をもとに、黒水牛の印鑑の相場をまとめていきたいと思います。

印鑑の黒水牛って?

黒水牛の印鑑
黒水牛の読みは「くろすいぎゅう」です。

動物の黒水牛の角を素材として印鑑に加工しています。

管理人吹き出し画像
他にも動物の角を使用した印鑑は多く、オランダ水牛や象牙、マンモスなどがあります。

一般的に言われている黒水牛の特徴

  • 柘のような木材系よりは水分に強い
  • 朱肉の油分に強い
  • ある程度耐久性もある
  • 乾燥に弱い
  • 虫食いに注意する必要がある

価格的にも特別高いものではないため、昔から実印や銀行印の素材として人気があります。

当サイトのアンケートにおいても、実印に使用したい印材で、男性第1位、女性でも第2位と人気があります。

詳しくは「実印素材人気ランキング」を参照してみてください。

管理人吹き出し画像
私個人の意見としては、黒水牛を実印や銀行印に使用することはおすすめしていません。
詳しくは「黒水牛のデメリット」を参考にしていただければと思います。

ランク(部位)の違い

黒水牛の部位
黒水牛には同じお店でもいくつかのランクに分けて販売されていることが多いです。

これは、角の部分によって色や模様、耐久性に差があるからです。
もちろん、ランクによって値段も大きく違います。

上の画像を見ていただくとわかるように、「黒水牛の印鑑は、角の中心部に近く、先端に近いほど値段が高い」という素材です。

角の中心部を使った素材を「芯持ち」と呼びますが、完全に角の中心のものと、中心付近のものもあります。

さらに、角の先端に近いものとそうでないものも希少性が全く違います。

最重要注意点
芯もちや最上級などの表記に明確な基準はありません。お店独自の表現であるため、芯持ちであっても質に大きな違いがある可能性があります。
価格が安いというだけで選ぶと失敗する可能性があります。

黒水牛の染めの違い
他にも、黒水牛には染めたものと、染めていないものがあります。

染めありは「まさに漆黒」、染めなしは「素材の風合い」、とそれぞれに魅力があります。

値段としては「染め無しの方が高い」のですが、普通に考えて手間がかかるはずの「染めあり」の方が安いということは、キレイな文様のものはそのまま販売して、あまりキレイでない(良い素材でない)印材を染めていると解釈できます。

管理人吹き出し画像
「漆黒」か「素材の文様」かは好みにもよりますよね

黒水牛の実印相場

ここでは、主要ネット通販店で、実印としてよく使用される13.5mm~18mmのサイズの実印価格をまとめてみました。

ショップ名 芯持ち 芯持ち(上) 芯持染め無し
はんこプレミアム 3,880~5,880円 4,980~7,980円
天章堂 9,780~12,210円 12,490~14,990円
印鑑の匠ドットコム 2,880~4,080円 3,680~4,880円
はんこdeハンコ 3,150~4,750円 4,050~6,050円 取り扱いなし
ハンコヤドットコム 4,490~7,750円 6,420~9,780円
いいはんこやどっとこむ 3,280~4,980円 5,480~7,280円
平安堂 取り扱いなし 17,380~30,580円
印鑑本舗 2,980~4,480円 3,980~5,480円
華押堂 3,050~3,780円 5,380~6,880円
管理人吹き出し画像
各店の平均値は次のとおりとなりますので、黒水牛(13.5mm~18mm)実印の価格相場と考えられます。
芯持の平均価格

4,243~6,070円

染め無しの平均価格

7,474~10,981円

彫刻などの仕上げ方法に違いがあるため、全くの同条件での比較とは言えません。参考程度にお考え下さい。

黒水牛の銀行印相場

ここでは、主要ネット通販店で、銀行印としてよく使用される12mm~15mmのサイズの実印価格をまとめてみました。

ショップ名 芯持ち 芯持ち(上) 芯持染め無し
はんこプレミアム 2,980~4,280円 3,980~5,980円
天章堂 8,240~8,790円 11,500~11,900円
印鑑の匠ドットコム 2,480~3,680円 3,280~4,480円
はんこdeハンコ 2,650~3,450円 3,150~4,450円 取り扱いなし
ハンコヤドットコム 3,770~5,500円 5,400~7,540円
いいはんこやどっとこむ 2,480~3,980円 4,480~5,980円
平安堂 取り扱いなし 14,080~23,980円
印鑑本舗 2,480~3,480円 3,480~4,480円
華押堂 2,730~3,130円 4,780~5,680円
管理人吹き出し画像
各店の平均値は次のとおりとなりますので、黒水牛(12mm~15mm)銀行印の価格相場と考えられます。
芯持の平均価格

3,508~4,599円

染め無しの平均価格

6,373~8,753円

彫刻などの仕上げ方法に違いがあるため、全くの同条件での比較とは言えません。参考程度にお考え下さい。

実店舗との黒水牛の印鑑相場比較

ここまでネット通販店の価格をみてきました。

実店舗では黒水牛はどれくらいの価格なのか気になると思います。
ただ、実店舗の場合、街の印鑑店や全国チェーン店、老舗専門店やデパートに出店しているお店など様々なお店があり、その価格も全く違います。

下手をすると、安いお店と高いお店では数倍もの価格差があります。

当サイトでは、全国の実店舗の紹介もしていますので、よろしければお近くのお店の販売価格も参考にしてみてください。

次に、ネット通販店が実店舗よりも安い傾向にあるという例として、実店舗とネット通販店の両方を運営している「はんこプレミアム」の価格を比較しておきます。

13.5mm 15mm 16.5mm
実店舗 9,800円 11,800円 13,800円
ネット価格 4,980円 5,980円 6,980円
管理人吹き出し画像
ネット販売なら、実店舗価格の約半額で購入できるという結果になりました。
すべての実店舗が高いというわけではありませんが、ネット通販店は人件費や店舗費用をカットできるので安い傾向にあると言えます。
また、はんこプレミアムは印材の卸売り問屋でもありますから、高品質な素材を安く提供できるお店です。

印影デザインの修正もWebブラウザから簡単に指示できますし、10年保証も付けてくれますよ。

よろしければ購入先の選択肢に入れてみてください。

⇒ はんこプレミアム公式サイトを見る

まとめ

黒水牛の相場を知るうえで、印材の部位や塗りの違いを知る必要がありました。

黒水牛の印鑑は、角の中心部と先端部が高耐久で希少、そして塗りのないものの方が高いことをお伝えしました。

また、芯持の定義や、ランク付けはお店によって違うため、単純に安いものを選んでしまうと、「安かろう悪かろう」になってしまう可能性があります。

ある程度の予算を使って、信用できるお店での購入が後悔しないポイントとなります。

通販店なら「はんこプレミアム」や「はんこdeハンコ」など実績のある大手か、実店舗運営もしている「天章堂」などがおすすめです。

管理人吹き出し画像
その他の素材についても検討中の方は、よろしけけば「実印の人気素材ランキング」や「印鑑素材別相場」なども参考にしてみてください。

~安心の印鑑ネット通販リスト~

印鑑ネット通販ランキング
実際に購入してわかった「安心・安全で高品質な通販サイト」を厳選してみました。
(実印/銀行印/認印/会社印)

/実店舗より効率的\